教育費はいくら必要?

子供の成長は非常に喜ばしいものですが、それに応じて必要になる費用もどんどんと増えてきます。特に教育費は成長に応じてどんどん必要になる費用が増えてくるので、大学に通わせるまでの総額は驚くほど高額になる可能性もありえます。子どもの進路がどうなってくるかは分かりませんが、教育費が不足して子どもの可能性を潰してしまうことの無いように様々な可能性を考慮して出来る限り多くの教育費を用意しておきたいものです。そのためには出来る限り早めに教育費の積み立てを行っておきたいところですが、教育費は一体どのくらい必要になってくるのでしょうか。
子ども一人に必要な教育費には意外なほど開きがあるといいます。最近は大学に通わせることも珍しいことではなくなりましたが、仮に小学校から大学まで全て公立を通わせた場合は教育費の総額は500万円ほどになるとされていますが、これが全て私立に変わると1700万円にも上るといいます。なので子どもが進みたい進路にフルに対応するためには1700万円以上の教育費を確保するのが一番確実ですが、当然それだけの教育費を用意する事ができないという方も多くいるでしょう。そういう時はいくつかの学校を効率を選択したり奨学金などを利用して一部の学費を子どもに用意されるという手もあります。

af0060019988m